Q&A


「整骨院」ってどんなところ?
柔道整復師(国家資格)による施術が受けられるところです。
骨折、脱臼や捻挫、肉離れ、打撲、腰の痛みや、肩・膝などの関節の痛み、手足のしびれ、その他の症状にも対応していますので、ご相談ください。
「整骨院」と「接骨院」はどう違うのですか?
結論から言うと、整骨院も接骨院も名前が違うだけで内容は同じです。(ほねつぎも同じ)

接骨院や整骨院を営むためには、資格として国家資格の「柔道整復師」をもっていることが必要です。
では、整骨院や接骨院は何をするところなのかというと、

1.骨折(こっせつ):骨が折れた場合。ヒビが入った場合も含みます。
2.脱臼(だっきゅう):関節がはずれた場合。
3.打撲(だぼく):打ち身。
4.捻挫(ねんざ):関節部分でスジ違いを起こした場合。
5.挫傷(ざしょう):筋肉がスジ違いを起こした場合。
に治療を行うところです。

では、外科とはどのように違うのでしょうか。

外科では、程度が軽いときには、整骨院や接骨院とほぼ同じ治療を行います。
しかし、手術が必要な場合に、1「観血的外科手術」2「非観血的外科手術」という二つの方法があります。
1は、文字通り血を見る手術方法で、いわゆるメスを使った外科手術です。
2は、皮膚内で起きた骨折や脱臼等を切り開かずに手で診察し、治療する方法の事を指します。

外科では、1の観血的外科手術を行うのに対して、整骨院や接骨院では、2の非観血的外科手術を行う点が違います。
また、整骨院や接骨院では、レントゲンを撮ったり、ギブスを巻いたり、薬を出したり、注射をしたりすることはできません。
保険は使えますか?
はい、使えます。
はじめてご来院の方は健康保険証を忘れずにご持参ください。症状や治療方法によって、使える場合とそうでない場合がありますのでご相談ください。
整骨院ではどのような症状を診てもらえますか?
寝違え・むち打ち・腰痛・ぎっくり腰・四十肩・五十肩・膝の痛み、突き指・足首の捻挫・肉離れ・打ち身、事故や転倒によるケガなどです。
じっくり全身治療してもらいたいのですが?
通常の保険診療内では全てを施術することは難しいです。全身を診てもらいたい人は筋膜リリース整体をお勧めします。
予約は必要ですか?
初めて来院する方、延長治療を希望される方はご予約いただいた方がよりスムーズにご案内できます。ご協力お願いします。
現在病気で病院に通院していますが、併用して通っても問題ありませんか?
内臓疾患の場合は大丈夫ですが、整形外科に通院されている場合、保険が適用されないケースもございますのでご相談ください。
整骨院で骨折等のリハビリはやっていただけるのですか?
はい。柔道整復師とは外傷(骨折・脱臼など)が専門職です。安心していらして下さい。
痛い治療は苦手ですが大丈夫ですか?
はい大丈夫です。
おかだ整骨院では痛みのない治療を心がけています。痛みの伴う治療は筋肉を緊張させ、治療効果を半減させますので、もし痛みを感じたら遠慮せずに仰って下さい。
本気で治したいのですが、大丈夫ですか?
おかだ整骨院の治療は、症状を患者さまに説明させていただき、患者さま本人が深く理解して頂く事が大事だと考えております。
西洋医学、東洋医学、時には参考資料等を用いた説明で、納得して治療を受けて頂けます。
症状によって、レントゲン、手術等が必要と考えられる場合は、地域の整形外科との医療連携がとれていますので、総合病院、大学病院等にもご紹介させて頂きます。
どれくらの間隔で通えばよいのですか?
症状の程度にもよりますが、まず3回は出来るだけ間隔を空けずに通院下さい。
理想は毎日になります。目安として急性のぎっくり腰、寝違え、足首の捻挫等は1週間~10日間の通院が必要です。
その後、症状の程度を考慮し通院の間隔をお伝えしていきます。おかだ整骨院は常に患者さまがより早く治る為の、最良を尽くすことを心がけております。
治療はどんなことをするのですか?
マッサージやストレッチを中心に、関節のゆるみ・歪みを整えて身体のバランスを整え、痛みの原因に対して治療していきます。
骨盤(仙腸関節)等の関節、骨格、筋肉のハリ等の全体を治療していくので姿勢もよくなり、治療の効果も実感頂けます。
スポーツでのパフォーマンスを高めたいのですが。
当院ではスポーツでのパフォーマンスを高めることが可能です。
スポーツ選手の能力向上を支援するため、ボディバランス、筋肉の柔軟性、骨格の矯正、苦手な動きを強化するPNF抵抗運動を取り入れた施術をしておりますので、ケガで悩むランナー、サッカー選手、バレーボール選手、野球選手、競輪選手等に来院頂いております。
さらに上を目指す方には、プロ選手の多くが使用しているハイチャージ治療器をおすすめします。
骨盤矯正はどんな効果がありますか?
骨盤が正しい位置に戻ると筋出量アップが期待できます。
そのため代謝がよくなり、自然と見た目に変化があらわれ、ウエストにくびれができたり、ぽっこりしたお腹がぺったんこになったりという、ダイエットを行ったかのような効果がある人も。
正しい位置に内臓が戻ることで、血流やリンパの流れがよくなり、基礎代謝がアップ、冷え性の改善につながります。また、腰痛や肩こりのような痛みが軽減されます。当院の骨盤矯正はソフトに行いますので痛みはありません。
骨盤矯正は妊娠後すぐに受けた方がよいですか?
産後の骨盤矯正は産後半年までがベストです。
産後6ヶ月までに妊娠前の身体に戻すことをおすすめします。放っておいても勝手に戻ることはありません。その間、正しい姿勢で過ごしながら骨盤矯正を行うことで、体型がもとに戻りやすくなります。
産後6ヶ月を過ぎてしまうと、ゆがんだ骨盤と内臓の冷えにより、脂肪がつきやすくなります。また、妊娠中や授乳の姿勢が原因で、骨盤がさらにゆがんでしまうこともあります。
妊娠して腰を痛めてしまいましたが、診てもらえますか?
はい大丈夫です。
妊娠するとホルモンのバランスなどで腰など痛めやすくなります。 当院では、無理な姿勢にならないように気をつけて治療いたします。 安心してご来院ください。
出産後、腰痛や頭痛、ひざの痛みは診てもらえますか?
はい大丈夫です。
妊娠や出産を経て女性の骨盤は必ず、前後に傾き左右のどちらかに捻れます。
こうなると、背骨の正常なカーブが失われ、筋肉に負担がかかり、痛みやしびれを誘発します。そのせいで、少しがに股のような膝が外側を向くようになります。
膝や足首が痛くなるのも元はといえば「骨盤の傾き」が原因です。体全体のバランスを整えることを中心とした治療法は出産後の体の痛みには最適といえます。
子供がクラブ活動でよく足を痛めたりするのですが、診てもらえますか?
子供や学生の方にも丁寧に対応しております。
乳児~中学生までは医療証が使えます。ケガの治療~再発の予防までしっかり指導させていただきます。
往診は行っていますか?
通常メニューに+1000円していただければ往診対応させていただきます。
治療を受ける時には、どんな服装で行ったらよいですか?
基本的にはどんな服装でも大丈夫ですが、なるべく動きやすい、体を締め付けない服装でお越しください。
またお着替えも用意していますので、仕事の合間・会社帰りでも安心です。
交通事故にあったのですが、自動車保険で治療できますか?
はい、出来ます。
交通事故では、思った以上に強い衝撃を受けていることが多いので、早めの検査・治療が大切です。 事故直後は神経が高ぶっているため、症状を軽く見がちですが、レントゲン等検査機器のある病院で一度受診しておくと安心です。その後の治療、リハビリはおまかせください。
交通事故で他院に通院中なのですが、そちらに転院出来ますか?
はい、可能です。保険会社にその旨ご連絡していただき、当院へご来院ください。
Homeに戻る